■放射能と気について

2011年3月の東日本大震災では地震と津波、そして福島原子力発電所の爆発事故による放射能汚染
問題、と言う三つの大災害が勃発しました。

地震による倒壊や津波による破壊は災害普及工事にて年数が経てば現状復帰して立て直しが可能
ですが、最後の放射能事故による汚染問題はその地域に放射性物質が存在している限り一生涯付き
まとう問題です。

私は放射能について科学的な専門家ではありませんので「気」の次元から放射能問題について考えて
みたいと思います。

311事故からすでに1年を経過して来ましたが、しかし放射能漏れ事故は収束したのでは無く、
今でも大気に放射性物質を排出しています。

早急に石棺して封じ込めない限りは永遠に放射性物質は排出・拡散して地球上を汚染して行く事に
なりますし、今後、私たちの生活環境はこの放射性物質と共存して行くと言う多大なリスクの中で
生きて行かねばなりません。

そこで今から約30年前に老化制御対策の為の勉強したのを思い出します。

その為の実験として人工的に放射線を照射して老化を促進させて寿命を短くする効果を作り出して
老化進行の状況を調べるのです。
当時、すでにモルモットに微量の電離放射線を照射して、このモルモットがどんな過程でガンなどの
病気になるか!と言う生命が老化して行くプロセスが研究・発表されていたのです。

その当時の図を描いてみました。


上記の図の様に当時電離放射線を照射してモルモットがどんな過程にて老化し、病気になり、
死んで行くかがこの図で表してあります。

これらの結果から生体内に低線量の電離放射線が作用すると
@細胞分子内の電子の状態が変化して来る。
A電離(イオン化)や励起(高エネルギー状態の分子)を引き起こす。
B2次的科学変化としてラジカルを発生する。
Cそのラジカルが過酸化反応や重合、架橋結合を起こす。
D免疫力が低下する。
E細胞膜異変、細胞分裂阻止、突然変異、組織や細胞破壊、死滅
と言う段階で生物反応に発展して来ると言う事です。

この様に放射線と言うエネルギーが、生命の細胞エネルギーにどの様な過程で老化を進行させているのかが
簡単に図り知る事が出来ます。


これらの老化プロセス(原因)を知る事で、一般に放射能で白血病や癌になるだけでは無く、それらはほん一部であり、
大局的な視野からみると全て生命の老化現象のスピードが速まる!と言う事になります。


放射線の次元はすでに、目に見えない、臭いもない電子、原子レベルの世界であるので、
私たち人間の持つ感覚では捉える事が出来ないのですが、気功では、放射能に汚染されれば人や、動物、植物物質、
空気、等のオーラが汚染で濁って来ますのでそれらの気を感じ取る事で正常か異常かの判断を行っています。

よって異常な気を感じれば、汚染を疑い、綺麗なエネルギーであればまだ汚染されてないな!・・・
と自己判断をしています。


放射線科学ではヨウ素、セシウム、プルトニウム、コバルト、ストロンチウム等それぞれの核種とそれらの
汚染濃度μSv/hや、放射線発生量Bq/kg等で数字的に汚染状態を計測しますが、
しかし計測不可能な核種等も沢山に存在し、単に放射性セシウムだけの計測では完全とは言えないと思います。

被災地では人知を超えた各種物質エネルギーが大気に澱んでいる可能性があると思われ
テレビや雑誌、ネット等で被災地の現地写真や映像から受けるオーラが異常に濁っているのを感じております。
こんな気の汚れた生活空間に生活して大丈夫だろうか??と自分ながらに心配しています。


私は九州に住んでいますが地元の場合は現在は環境汚染はそんなに高くありませんが、
食品、飲料水など一般的に店頭に並んでいる商品でオーラが濁っている場合が結構多いみたいです。

きっと汚染地経由の原料使用や、汚染地経由によって2次的汚染された物と思います。
だから買い物の場合は、その物が発するオーラを診ながら買い物をしています。
特に鮮魚類はかなりの気を感じます。


その他、変わった事と言えば近くの地域に大きめのディスカウントスーパー店がオープンしました。
が、その現場の横を通過する度に悪い波動、オーラを感じる様になりました。
信号待ち等で近くに停車していると気分が悪くなります。

建築過程で組み立て中の鉄骨丸出しの頃はわざわざ遠回りして避けて通っていましたが、
外壁建築材で覆われた現在はその分環境放出少しは抑えられています。

私は思ったのです。
この鉄骨は放射能廃棄物ではないのかと!
きっと震災地の車や鉄道レール、店舗鉄骨等の汚染された鉄、あるいは野積みしてあった地金を原料として
新たな鉄骨に再生してこの現場に運んで来たのではないのだろうかと!。

大体その現場を中心に半径100メートル位の範囲(バリア)で大気オーラに異常が感じられます。

この様な感じで食品類だけでは無く、鉄骨建材や木材、セメント等の建築材料から、肥料や堆肥等各種分野で
放射性廃棄物同然の商品が全国に出回り、さらに震災瓦礫を全国の焼却場で焼却する方針で
国が積極的に進めていますが、これでは日本中が放射能汚染地となってしまうのではなかろうかと心配しています。


以上が現在の私の感じる感覚の状況ですが、先ほどのモルモットの実験から思われる事は今後は3・11災害後の
放射線による健康障害で生命の老化が急速に進行して行く事が考えられ、ガンや心臓病、脳卒中みたいな過去の
成人病が現在の生活習慣病となって若年層にも現れて来る可能性が高まって来るかも知れません。


解決策としては環境エネルギーの悪い地域からは早く非難する事が一番理想的ですが、対策法としましては
まだ科学的には結論が出ていません。

でも、エネルギー学的に考えると(下記1)放射性物質である核種も原子電子レベルであって、
(下記2)その以前の素粒子・微粒子の段階で高エネルギー量を高めた高磁場環境で放射性核種を安定して
無毒化させる!!と言う下記の様な方法はないのでしょうか??と言う事です。

1)放射能の影響
無・空 → 微粒子 → 素粒子 → 電子 → 原子 → 分子 → 肉体
                    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑       ↑
                放射性元素ではこの次元で変化が起こる肉体に結果が現れる。

2)放射能の影響を軽減させる方法
無・空 → 微粒子 → 素粒子 → 電子 → 原子 → 分子 → 肉体
   ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑   ↑
この次元でエネルギー粒子を高める放射性元素の安定→ 
肉体に結果が現れる。

つまりそれぞれの放射性原子が安定した中性原子に変化して行くと考えられます。


この様な事から考えると被曝した人の治療方法として気功や波動治療にて、この素粒子エネルギーの分野に
存在したエネルギー療法を行う事によって改善されるかも知れないと言う事です。

これらに似た方法は食品添加物や農薬等の有害物質を無毒化する方法と同じ理屈です。
実際にその成分が無くなる訳ではなく、毒性のない元素に変化して安定しただけの事です。

これらの学説はケルブラウンの「生体内による原子転換」や、「自然の中の原子転換」理論
そのものにとても似た理論と思います。


これらの理論からすると気功治療等は被爆者の治療方法として効果が期待出来るのではないだろうか!
とも思われます。
でも、まだこれらの臨床経験が無いのでまだ頭の中だけの理論で終わっていますが・・・・・。


それらと同時に今直ぐにでも出来る方法としては
1)なるべく汚染されて無い生活環境の中で生活する。
2)抗酸化食品類を多く採る。
3)免疫力を高める為に乳酸菌、ビフィズス菌などの腸内有効菌を採る。
4)食物繊維質食品を多く採る。
5)陽性食品(玄米、自然塩、根菜類)等多く採る。
等して抗酸化食品、ビタミン、ミネラル類を努めて採る事や、酵素食品の発酵食品や、
天然塩等の陽性食品等多く採りながら生命の抵抗力と強靭な細胞を作る必要があると思います。

そして精神的ストレスを溜めない。
適度の運動をする。
この機会に禁煙をする。
等して健康管理に気を付ける事が重要と思います。

以上の事柄をまとめてみると、生命力旺盛な健康体を作って、生体内での原子転換メカニズム法にて放射線の影響を
少しでも抑制する方法しかないのかも知れませんね。


以上思い付いた事項を述べてみましたが一応参考程度に知っていても損はないと思います。


 ■歯の治療と歯科用レントゲンについて
現在私は週に1度、歯科医院にて歯の治療を受けています。
インプラントとブリッジによる虫歯と歯の再生治療です。

歯科医院へ行く度にエックス線にて検査しながらの治療となります。
人間の目に見えない部分はエックス線撮影して内部の状況を知る以外にはありませんので、
リスクと利点を比べたら利点の方が多いので何処の歯科医院でも日常的に利用されています。

レントゲンを利用する事で治療効果がかなりアップしますので仕方ない事とは思いますが、
リスクの方も知っていた方が良いと思います。

初回はパノラマ撮影にて上顎、下顎の歯の状態と顎骨の状態を検査します。
このパノラマ撮影を1回の撮影を受ける事で約0,04Svの被曝を受けると言われています。

この0,04Sv(シーベルト)をμSv(マイクロシーベルト)で計算すると約40μSv(マイクロシーベルト)となります。
この数字は私達の生活する空間の線量が約0,1μSv/h(毎時0,1マイクロシーベルト)として、
つまり生活空間の約400倍の被曝を一時的に受ける計算となります。

それでも他の内科レントゲン検査やCT検査に比べると歯科用レントゲンは被曝線量が少ないのです。

一時的にせよ細胞がエックス線にて被曝したので細胞組織等が損傷を受ける訳ですが、
時間の経過と共に修復、修正する能力がありますので抗酸化食品等摂取して時間を掛けて修復されるのを待つ事です。

細胞組織の修復を待たずに翌日に又レントゲン撮影を行うとすれば折角修復している段階に再度被曝する事に
なりますのでダメージは大きくなります。

よって次回にレントゲン撮影する必要がある場合は回復期間を考慮してなるべく日数を空けて受診する事をお勧めします。

さらに気功治療を受ける事によって細胞損傷の回復力が増加しますのでこんな時にも気功は便利ですね。


これらの診療用のレントゲン被曝は一時的な外部被曝で瞬間的に放射線を浴びた訳ですが、
これらより危険なもはやはり内部被曝の方です。

内部被曝とは放射性元素を呼吸で吸い込んだり、飲食物を通して食べて体内に取り入れたら
それらが体内で放射線を放出し続けるので内部から被曝します。
だから内部被曝と言うのは怖いのですね。


つづく・・・。














TOP  気功とは  エネルギーとは  意志とエネルギー  気功の効果  遠隔気功  気応用  薬物と気功  気と宇宙 気と放射能

                       ー無断転載禁止ー