■薬物と気功

進歩した医療技術でガンは減少して来たか?との問いに関しては下記の図をみれば一目瞭然です。

ガンつまり悪性新生物が増加の一途を辿っている事が分かります。
勿論 これには高齢化時代を反映して高齢者の方がガンで亡くなっている率が増加している事も
言えますが、総合的に見ても「ガンで亡くなる」率が増えています。


     緊急キャンペーン NHKスペシャル「日本のガン医療」に騙されるな 資料参考



現在我が国においてガン病についての治療法は、薬物療法、放射線療法、手術療法が主要を占めています。

不幸にも定期健診でガンと診断された場合、治療方法としてはこの3種類の治療方法の中から
患者さんの進行に合わせてそれぞれにガン治療を受ける事になります。
にも関わらずガンによる死亡率はグラフの様に増加の一途を辿っているのが現実です。


反対に海外のガン死亡の増加率をみますと、
アメリカでは90年度からガン死亡率が連続して低下しています。



年々ガンが増加する日本と、年々ガンが減少しているアメリカとの違いは何でしょう!

アメリカでは、日本に無い「予防医学」も治療と合わせて両輪の如く、重要視しているからです。

抗がん剤にも弱点もあり、アメリカ国立ガン研究所(NCI)所長デヴィタ博士の証言によると
「ガン細胞の中には抗ガン剤対抗遺伝子とも呼ぶべき遺伝子があり、抗ガン剤をぶつけても
ガン細胞はこの遺伝子の働きで、抗ガン剤に負けない細胞に変身させてしまうことがわかった。」
と証言しています。

90 年秋、アメリカ議会技術評価局(OTA)のガン問題専門委員会の発表では
「抗ガン剤、放射線、手術を主体とする現在のガン療法は、過去50 年来ほとんど進歩の跡が見られない。
アメリカ国立ガン研究所(NCI)もゲルソン療法など自然で効果的なガン療法の研究に力を入れよ。」と・・・。

アメリカのガン死亡率低下の最大の理由の一つは、これらのガン医療方針転換後より代替医療を
積極的に取り入れた事によって死亡率が減少して来たのです。

今後わが国でも、代替医療を取り入れ、自然医学、予防医学にも取り組んで行く事によって
かなりのガン死亡率を低下させる事が可能となって来ます。


私の所に脳腫瘍で来られている人の場合、抗がん剤を服用しながら私の気功も受けていますが、
抗がん剤を服用した後は極端に胃腸等が弱くなっているのが分かります。

服用後は強い吐き気がするのでその吐き気止めの薬も併用して服用しているとの事です。
薬の副作用で胃腸や内臓機能関係が弱ると当然に生命力が低下します。
生命力の低下は免疫力の低下につながります。

腫瘍を治そうとする体の防衛反応、つまり自然治癒力が低下してしまい、
治るのも治らなくなってしまいます。

そこに気功療法をする事によって生命力を高め、免疫力、自然治癒力が高まる事になります。
これらは抗がん剤の副作用を最大限に軽減し、
生命の持つ治癒力を高めて身体に治させる療法のひとつです。

かえって抗がん剤服用を中止し、気功治療や東洋医学、自然療法中心に
治療した方が良くなる場合もあります。
あるいはガン手術後の再発防止の為にも大いに効果的な療法となります。


以上の様なケースから、自然療法を併用した治療法、予防医学等を取り入れる事によって、
死亡率の低下とさらには医療費の削減が可能になります。


※(注)このサイトでは私の気功体験、臨床体験に基づいて書いており、
 それだけの能力を持つ気功家を基準に掲載しています。


                    次へ→

TOP  気功とは  エネルギーとは  意志とエネルギー  気功の効果  遠隔気功  気応用  薬物と気功  気と宇宙 気と放射能

                 ー無断転載禁止ー